トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

絶妙な傾き方の看板 | カリフォルニアのトレッキング

今回は、ロサンゼルスから南東に120kmくらいのところに行った、Cleveland National ForestのChiquito Loop Trailです。

このトレイルは何といっても透明感のある清流が印象に残っています。ちょうどOrtega Fall(前回紹介)から下った方向に位置しているようなので、その水流だろうとおもいます。

 

 

場所:南カリフォルニア・Cleveland National Forest

全長:おおよそ3KM半

通行可:歩行。(自転車もいけるかもしれません)

駐車場:10数台の駐車場があります。たぶん無料(2017年5月時点)。

 

 

さて、前回のOrtega Fallと同じCleveland National Forestというエリアにある、Chiquito Loop Trailというトレイルなのですが、Loopというだけに駐車場から出て、トレイルをぐるっと回って駐車場に帰ってくるルート。Google Mapにルートが出ていないので説明しにくいですが、行かれる方は地図をよく確認してください。

 

www.trail-and.life

 

また、3KM半という短距離ではあるものの、結構しんどいトレイルでした。その理由はズバリ坂です。あまりキツイ歩きをしたくない人にはお勧めできません。

 

早速ですが、駐車場は10数台止められるので、比較的余裕がありました。道路の向かいに雑貨屋さんがあるので、水の補給には便利です。トレイルの入り口はこんなところ。看板にいろいろ書いてありますが、Mountain Lionに注意という表示がありますね。Mountain Lionについては、またの機会に・・・。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

 

細い道を歩いていきます。ここはまだ平坦ですね。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

 

しばらく進むと景色が開けます。

f:id:GOUDAA:20190105133551j:plain

2017年5月撮影

さらに細い道を進んでいくと、だんだんゴツゴツとした岩が多い下り坂になっていきます。これが結構きつくなってくる。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

周囲は静寂になってきました。しっかりと地図を見てこなかったし、これだけ下ったら、帰りの登りもキツイんじゃないの?とウンザリ感と若干の不安がよぎるころに川に到着。水が流れているのがわからないくらいの透明な清流。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

 

上流側を見るとこの景色。5月とは言えかなり暑い日であったので、木陰で一息つけました。そういえば、Ortega Fallの下流ということは、干ばつが続けばこの川も干上がってしまうんでしょう。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

 

逆方向から来た家族が連れている犬がへばっていて、一休みしていました。さあ行こうか、という時に犬が「いやだいやだ、もう歩きたくない~」と言わんばかりにウギーっとゴロゴロ寝っ転がって立ち上がるのを抵抗していました。犬がそんなに抵抗する姿は今まで見たことがない・・・。

 

「え~、この先はそんなに疲れるのか?」と不安に・・・。日差しも強く、地面が熱せられているから、地面近くで呼吸している犬にとっては、尚更しんどいんだろうな・・・。しかし気を取り直して進みます。

 

そしていい感じに傾いている看板がある分岐点に到着。左方向のChiquitoに進みます。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

そして森の中に入っていきます。だんだんと車が走る音が聞こえてきました。Loopの戻り方向に向かっているんだと分かり、ほっとしました。

カリフォルニア 自然 アウトドア

2017年5月撮影

 

そして森を抜けたところでかなりキツイ上り坂になります。日陰も無いので暑さもこたえてヘトヘトになってしまいました。(写真を撮り忘れてしまいました)そして駐車場に到着。

 

春とはいえ日差しが強く、気温も急上昇することありますので、水をしっかり携行しないといけませんね。短いトレイルだからと言って安易に考えず、地図を確認する必要性を痛感しました。

 

トレイルのルールを守って安全に楽しみましょう。