トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

ゲートの向こうのオフロード | カリフォルニアのオフロード

今回はロサンゼルスから北東に40kmほどいった、Rincon Shortcut OHV Routeという、4駆車、4輪バギーやモトクロスも入れるトレイル・林道です。南カリフォルニア・ロサンゼルス近郊のAzusaという町から山に入っていくルートです。入る前に近くのOHVエリア事務所で事前に登録して、施錠ゲートを開けて入るという仕組みでした。この登録するのもワクワク感が増して結構楽しかったですね。

場所:南カリフォルニア・Azusa

全長:今回のルートは片道13kmくらい。

通行可:歩行、自転車、自動車バイク(要事前登録)

駐車場:入り口に数台可、Trail Headに駐車しておくにはForest Adventure Pass(許可証)が必要かもしれません(2018年時点)

 

前述したとおり、南カリフォルニア・Azusaという町から山に入っていきますが、下記は山のふもとで歩道・サイクリングロードから撮った写真です。車道は右に見えており、すぐ横にレンジャーステーションがあり、Forest Adventure Passとか売っています(と思います)。このPassは、この山の指定の駐車場に車を止めるときは、車内に掲示しないといけないものです。(詳しくは行政のページを確認してください)

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

レンジャーオフィスの所に、この先にあるオフロードエリア「San Gabriel OHV Area Open」という看板が出ていました。今回向かうトレイル (Rincon Shortcut OHV Route)は、このオフロードエリアの事務所で入場許可登録をします。(※もしSan Gabriel OHV Areaがクローズされていたら、同時にRincon Shortcutもクローズされるのかどうかは不明です。)

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

道を進んでいくと、ダム湖が見えてきます。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年2月撮影

 

さらに進んでいくと、オフロードエリア「San Gabriel OHV Area」が見えます。わくわくしますね~。しかし今回はこのエリアは走らず、登録のために事務所に立ち寄るだけです。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年2月撮影

 

しばらく行くとSan Gabriel OHV Area(ここの利用は別途有料。2018年5月時点) の入り口があります。一台ずつ車を調べているのでしょうか、順番を待ちます。(カリフォルニアはオフロード専用車であっても、専用エリアを走るためのマフラー規制などがあります。このゲートではそれを調べているんでしょうか。)GOUDAAの乗っているオートバイはStreet Legal(公道走行可)のKLX250で、しっかりとマフラーにも許可が得られている刻印がされているので、問題なく通過出来ました。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

ここでRincon Shortcutに向かうことを申し出ます。「おおそうか。それならバイク止めてきて、こっちで登録しろ」と言われ、事務所で登録します。入場登録にはDMVのRegistrationなどがされていることが必要です。そして一定期間有効(確か1か月くらい)の通行許可証とシールをもらい、ゲートの鍵のパスワードを教えてくれます。もらったシールはバイクのフロントカウルに貼っておきます。

 

登録で一緒に並んでいた4輪バギーのグループに「Youも行くのか~?Youの Bikeは汚れてないけど、Youは初心者か~?」と声をかけられました。仲間意識が生まれました。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

さて登録して、ここから数百メートルくらい道を進むと、いよいよRincon Shortcut OHV Routeの入り口が左手に見えてきます。教えてもらったパスワードで鍵を外して、ゲートを開けて・・・。このゲートはもちろん手動で結構重い。体全体で押して、ゴゴゴゴ・・・と動かします。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

バイクを入れて、ゲートを締めて、しっかり施錠します。いよいよスタートです。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

道自体はそこまで狭くはなく、大きなデコボコは多くありませんでしたが、急に狭くなったり、ガレ場っぽい場所も所々あるので、スタックしそうになることは多々ありました。しかし対向車同士が簡単にすれ違えるほどの幅は無さそうなので、先が見えないコーナリング時は要注意ですね。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

こんなコーナリングもあります。いい感じですね。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

さらに進んでいきます。ここは平坦で幅も広い道ばかりと思われるかもしれませんが、「写真が撮れるところ=バイクが止めやすい場所」なので、必然的にそんな写真になりますのでご承知おきを。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

だいぶ登ってきました。すっげー景色だー。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

途中で写真を撮っていたら、先ほどの話しかけてきた4輪バギーのあんちゃんグループが抜いていきました。4輪はガレ場は怖くないんだろうな~。ヘルメットの上からでも楽しんでいるのが見て取れるようです。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

たぶん頂上付近になりました。振り返るとこんな景色です。ふもとに町がかすかにみえます。それにしても左の道はガケですね・・・。少し怖かったです。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

そして(たぶん)頂上に到着。広場があり小休憩。Apple WatchのGPSだと標高は1230m位、スタートから700m登っているらしいです。ここからも更に道は続いていますが、今回はここで降り返します。

カリフォルニア モトクロス 林道 オフロード 自然

2018年5月撮影

 

今回は以上です。

 

先ほどの写真にもありましたが、このトレイルはガードレールとかは全く無いので、もしオーバーランしたら、そのままゴロゴローと落下してしまいます。もし落ちたら絶対に自力では戻ってこれなさそうです。しかもここは施錠ゲートを開けて入る場所なので、普通の通行者(車)はめったに通りませんし、携帯電話も圏外なので、レスキューなども期待できそうにありません。対向車もいる場合がありますので、無理なスピードで走る、危険な走行をするなど、絶対に避けましょう。出来る限り複数人数でくることをおすすめします。

 

トレイルのルールとエチケットを守って、皆で安全に楽しみましょう。