トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

サボテンの洗礼 | カリフォルニアのマウンテンバイク

南カリフォルニアのロサンゼルスから南に70kmくらいのところにある、Irvineの住宅地の近く、Bommer Canyonというエリアにあるトレイルです。なかなか走りごたえのあるトレイルです。

 

場所:南カリフォルニア・Irvine

全長:6KM~7KM

通行可:歩行、自転車(場所によって変わる)

駐車場:10台前後、無料(2017年時点)

 

さて、Trail Headはこんなところ。トイレとかもあり、整備されています。撮影日時点では駐車場は無料、10台前後ありますが、人気のある所なので、週末はすぐに満車になりそうです。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

小屋の左手からトレイルに入っていきます。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

そして細く平坦な道が続きます。なかなかの爽快感ですね。歩行者も多いので自転車の方は注意して走行しましょう。

カリフォルニア アウトドア 自然

2018年1月撮影

 

ほどなくして分岐点に到着。右手のNature Loopに向かいます。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

さらに進んでいきます。若干登っているようですね。なぜか日本の田園風景を思い出してしまいました。

カリフォルニア アウトドア 自然

2016年8月撮影

 

そして広場みたいなところに出てきます。この広場は何かのイベント時には別ルートで車で来ることも出来るようです。野ウサギに遭遇することもあります。

カリフォルニア アウトドア 自然

2018年9月撮影

 

この野ウサギは近づくと逃げるのですが、またすぐに姿を現すので、あまり真剣に逃げるつもりはなさそうです。

カリフォルニア アウトドア 自然

2018年9月撮影

 

近くの広場にはこのような標識がありましたので、やはりここは野ウサギが多いのでしょうね。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年6月撮影

 

 

さて、広場を抜けて、またトレイルに入ります。ここからは細いSwitchback(ジグザグ)の登りが続きます。

カリフォルニア アウトドア 自然

2018年1月撮影

 

そしてこの先で道の脇からはみ出しているサボテンに左手があたり、グローブもしていたのですが簡単に貫通。さらに針の一つが中指の爪を貫通し爪の裏(中?)まで到達してしまいました。思い出すだけでも痛い・・・。しかし、あまり深く刺さっていなかったのが幸いでした。

 

さらに進むと景色が広がります。目指すは向かいの山の山頂付近かと思います。この先はいったん下ります。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

下った所で分岐点に到着。直進方向のTurtle Ridgeに進みます。ここから体力勝負の登りが続きます。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

細いトレイルが続きます。山の中腹あたりの景色はこのような感じです。右側に洞穴が見えますね。緩い登りが続いて結構しんどいです。逆方向に疾走してくるトレイルランナー、マウンテンバイクもいますので、足音や走行音に注意して進みます。

カリフォルニア アウトドア 自然

2018年1月撮影

 

振り返ると谷あいに先ほどの広場らしき場所が見えます。だいぶ進んできましたね。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

ようやく頂上に到着。ここからはあまり景色は見えませんでした。むちゃくちゃ疲れました・・・。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

ここからは下りになります。遠くに海が見えますね。方向から言ってたぶんNew Port Beachでしょうか。細いので対向車(者)に注意してください。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

しばらくクネクネとした細いダウンヒルが続き、Turtle Ridgeのゲートに到着(自転車は逆方向(来た方向)を向いています。)

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

ここからは住宅地に沿ったダウンヒルが続き、Bommer Vista PointというTrail Headに到着。ここには駐車場が数台ありました(2017年時点では無料)。

カリフォルニア アウトドア 自然

2017年12月撮影

 

今回はここで終了です。昔、トムとジェリーというアメリカのアニメで、トムがサボテンに刺さってギャーというシーンがありましたが、サボテンが刺さると本当に痛いことがよく分かったトレイルでした。

 

自然環境に気を付けて、ルールとマナーを守り、皆で安全にトレイルを楽しみましょう。