トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

バイクで標高1300m、雲に近し | カリフォルニアのオフロード

今回は南カリフォルニアのロサンゼルスの南東50kmくらいに位置するSilveradoという町から登っていくMaple Spring Roadという林道です。町ではバイクと言えば、ほとんどハーレーしか見なくて寂しく感じるのですが、ここに近づくとDual Sportsバイクとすれ違うことが多くなり、うれしくなります。

 

場所:南カリフォルニア・Silverado

全長:今回のルートは片道14kmくらい。

通行可:歩行、自転車、自動車バイク(公道を走れる車両に限る)

駐車場:無料で入り口に数台可、ゲート内に入ってから駐車しておくにはForest Adventure Pass(許可証)が必要(2018年時点)

 

 

このトレイルの入り口までSilveradoという小さな町を通過するのですが、まずそこの雰囲気が走っていて最高に心地よかったです。(道が狭く、住宅地沿いなので、歩行者に注意)

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

くねくねとした道を進んでいくと、トレイルの入り口に到着。明るい日差しと木陰が最高ですね。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

ここからのトレイル内で駐車するときは、Forest Adventure Passを掲示しないといけません。そして、ここはStreet Legal(公道を走れる車両)のみ通行ができます。この点ではKLXみたいなDual Sports(公道走行可)は便利ですね。(2018年時点)

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

 

荒れた舗装の道がしばらく続きます。ここも走っていてむちゃくちゃ気持ちよかったです。突然穴が開いたりしているので注意です。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

(更新情報)川沿いに道が走っているので、雨が多いときは水が横切る場所が数か所あります。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2019年1月撮影

 

そしてオフロードに入ります。それなりにデコボコはあります。車の場合は普通のセダン車では無理でしょう。車高の高い4輪駆動をお勧めします。時々ガレ場もあります。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

すんなりと車がすれ違えるほどの道幅がないので、時々このような幅の広い路肩で、譲り合います。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

このような木陰の路肩でバイクが休んでいたりしました。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

だいぶ登ってきました。広場がありました。(バイクは進行方向と逆を向いています)だんだんと頂上に近づいてきたようです。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

そして分岐点に到着。マウンテンバイク、シクロクロス、オートバイ、ジープなどの様々な人が集っていました。しかし自転車でこんなところまで登ってくるとはすごい体力・・・。ここから左の道を進み、すぐに右折します。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

かなり高いところまで来た感覚があります。

klx250 モトクロス カリフォルニア 自然

2018年5月撮影

そしてここからが本当に怖いところ。ガードレールがないガケ沿いの狭い道のガレ場が数百メートルくらい続き、コケたら谷に落ちそう。やべーとこに来ちまった。しかし狭すぎてバイクを降りて方向転換も難しい、下手なアクセルターンで失敗したら確実にガケに落下。

 

覚悟を決めて行くしかない!!すれ違ってくるバイクもいたりで、汗びっしょりになりながら何とか通過。(写真撮る余裕まるでなし)そして電波塔っぽいところに到着。アプリではここで標高1300mくらいとなっていました。町がだいぶ下に見えます。雲が近いのと、とにかくハエが多かった。

KLX250 モトクロス カリフォルニア 林道 自然

2018年5月撮影

 

この先も道が続いているのですが、これ以上ガケ&ガレ場を走るのはまっぴら御免なので、ここから引き返します。帰りもあのガレ場通るの嫌だなと憂鬱になっても、来ちゃったんだから仕方ない。半泣きしながら結局、谷に落ちずに帰れました。

 

今回の学びは、早いとこ確実なアクセルターンを習得しなければいけない、ということでした。今回は以上です。トレイルのルールとエチケットを守って、皆で安全に楽しみましょう。