トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

マウンテンバイクが欲しくなるダウンヒル | カリフォルニアのマウンテンバイク

今回はロサンゼルスから南東に60kmほどいった南カリフォルニアのIrvine Regional Park、そしてSantiago Regional ParkにまたがっているChute Trailというところです。チュートと思っていたのですが、シュートと読むようです。

マウンテンバイクに乗ってて、こんなのが一般に開放されているのが信じられないくらい楽しいトレイルと思いました。もちろん歩きでも楽しいと思います。

 

場所:南カリフォルニア・Irvine Regional Park / Santiago Oaks Regional Park

全長:このルートは約5km。

通行可:自転車、歩行。(乗馬も場所によっては大丈夫)

駐車場:車でパーク内への入場は有料。(2018年時点)。

 

 

このルートは、Irvine Regional Park とSantiago Oak Regioanl Parkにまたがるトレイルです。Park内に車で入る場合は有料ゲートがあり、料金を徴収されます。歩き、自転車で入る分には無料です。(2018年時点)

 

このトレイルに近づくとハードボイルド(?)なマウンテンバイクにたくさん遭遇します。でも行ってみたら分かりました。こんなトレイルが近くにありゃ、イカしたバイクが欲しくなるような気もします。

 

さて、今回はIrvine Regional Park側からマウンテンバイクで入っていくルートです。ゲートに入ります。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

しばらく砂利道が続きます。この道は歩行者も乗馬も多く通行します。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

左側にRoad Runner Loopというトレイルが出てきましたので、ここを進みます。実はこのエリアは大規模な山火事が発生して、しばらく立入禁止となっていました。植物が焼失し、木も焦げています。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

このように山火事からの復旧のために所々クローズされていました。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

道なりに進むと、景色が開けてきます。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

 

そして案内板に到着しました。左側の細い道に進むとアップダウンがあります。さらに進んでいきます。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

まもなく看板が登場。ここからSantiago Oaks Reginal Parkとなるようです。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

分岐点に到着。看板が山火事で根元が焼けて折れてしまっていました。(写真は後日撮影)左方向のChutes Trailに進みます。ここからが細い山道になっていきます。ちなみに右はChutes Ridgelineで、帰路の下ってきた時の合流地点となります。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年3月撮影

 

ヨイショヨイショと上り坂を進んでいきます。けっこうしんどいですね。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

途中、Chutes Ridgelineとの交差点に当たります。このまままっすぐChutes Trailに進みます。左側から降りてくる下りのバイクに注意しましょう。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

細い山道を進んでいきます。目指すは山の頂上です。それにしても、すごい景色ですね。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

 

 ようやく山の頂上に到着。だいぶ進んできました。左下から来ているトレイルが登って来た道です。(写真は後日撮影)

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

山頂に山火事でクローズされているエリアを説明する地図がありました。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

山頂ではChutes Ridgelineのスタートポイントにつながっています。そのスタートポイントまで移動して、とうとうスリリングなダウンヒルに挑戦します。怖いよ~とハラハラしながらしっかりとプロテクターもつけて準備します。初心者・不安な場合はそそままChutes Trailを戻るルートでも良いと思います。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

歩行者が見えないことをよくよく確認。また、GOUDAAはそこまで上級者ではないので、プロライダーみたいな人が後ろに来て、つっかえないタイミングをみて出発!最初の難関を超えて、尾根を進みます。(写真は後日撮影)

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

以降、写真を撮る余裕はあまりなく、いくつかの難関をなんとか越えました。そしてマウンテンバイクのダウンヒルコースなみのすごいコーナリングの前でビビって、どう進むかしばし考えました。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

あまり考えても仕方ないので出発、何とかコケずに通過。そして登っている時にも通過したChutes Trailとの交差点を通過して、そのままRidgelineを下っていきます。交差してきたり、登ってくる歩行者・マウンテンバイクに要注意。

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年2月撮影

 

またバンクのあるコーナリング、2コブや3コブあるところが続き、これまたダウンヒルコース並み・・・。すげーなー。(写真は後日撮影)

カリフォルニア マウンテンバイク 自然 アウトドア

2018年4月撮影

 

ほどなくして、登ってきたChutes Trailと合流。これでダウンヒルは終了です。コケなくて良かった。

 

いやはや、とにかくこんなトレイルが普通に利用できるんだから驚きます。しかし、ルールやマナーを守り続け、皆で安全に使用するからこそ、利用が続けられるんでしょうね。

 

トレイルのルールとマナーを守って、皆で安全に楽しみましょう。