トレイルライフ | No Trail No Life

アウトドア、トレッキング、マウンテンバイク、オフロードトレイル、林道、用品の使用などの記録(ただいま南カリフォルニア編)

そこそこ万能なアメリカのアウトドア用パス | カリフォルニアのアウトドア

アメリカの連邦政府が発行しているInter Agency Annual Pass "AMERICA THE BEAUTIFUL" は1年間80ドル(2018年時点)で、これがそこそこ万能です。(完ぺきではない)

 

America Beautiful Pass

 

なぜ完ぺきではなく、そこそこ万能であるかというと下記の通り。

 

結構使えなかった場所

  • 市や郡(カウンティ)が管理する公園
  • その他、自治区が管理する公園

市やCountyが管理している公園は身近にたくさんあり、結構行く機会が多いのですが、無料で入場、駐車できるところもあれば、平日1日3ドル、週末5ドルを徴収されるところもあります。だいたいそのような場所ではこのパスは使えませんでした。

 

結構使えた場所

 

  • ジョシュアツリー、ザイオン、グランドキャニオンなどの国立公園(ヨセミテやセコイヤも大丈夫なようです)など

 

国立公園に入るときは、1回で車1台20ドル~30ドル徴収されることがあります。このカードが認められている公園では、入口ゲートでカードと身分証を提示すれば無料となりました。いろんな国立公園に何度も入場したい方にとっては、1年間で80ドルというのは破格の安さだと思います。しかも州をまたいでも使えるので便利です。

 

  • 駐車するにはForest Adventure Passが必要と書いてあるエリア(例: Big Bear Mountainのトレイルヘッド)。OHVエリアなど。

 

Forrest Adventure Passが必要と書いてある山道やトレイルヘッドは結構あります。このカードを外から見えるように車内に掲示しておけば、いちいち近くのレンジャーオフィスを探して1日パスとかを買う必要もないので、大変便利です。

 

下記のような駐車場。

Forest Adventure Pass

 

そしてこんな林道でも書いてあります。

 

年間パスには、シニア用のパスや退役軍人用のパスなどのチョイスもあるようでしたが、私にとっては普通のAnnual Passを買うことになりました。結構皆さん買っているようで、山の駐車場や国立公園のゲートで提示している人も多く見ました。顔パスみたいでなんとなく優越感あります。

 

購入方法は、インターネットで注文して、郵送されてきました。国立公園のゲートでは身分証明書(運転免許証など)も合わせて見せるので、本人確認はされます。車の同乗者についてや、公園への入場が人数課金の場合はどうなるか、とか細かい規定があります。購入されるときは内容をよく確認してください。

 

以上のように、このInter Agency "AMERICA THE BEAUTIFUL"はそこそこ万能です。これで市やカウンティのParkまでもカバーする追加オプションとかあれば完ぺきなんですが・・・。

 

今回は以上です。

 

トレイルのルールとマナーを守って皆で安全に楽しみましょう。